fc2ブログ

Home > 2017年09月28日

2017年09月28日

テンカラ竿で鮎釣り

鮎毛鉤の自製から始まり
実釣した今年の結論
姫川は渓流魚と共に禁漁期間
来年に向け鬼が笑う話

3,5mから4mのズームロッド
ダイワ トーナメントテンカラ

道糸は3,6mに鈎素1,5mで充分
鈎素・枝素共に0.6号 FC
バーブレスフックなのでそれ以上の長さだと
テンションを保てずフックアウト多し
この長さでも鮎竿10mを越えて探れます

一番の肝がリードフライにドロッパー

[caption id="attachment_15109" align="alignnone" width="2654"]tenkara-rod ayu Fishing テンカラ竿で鮎釣り[/caption]

ドロッパーはGBヘッドにリードワイヤー入り #15
リードフライは極小GBヘッド #18 間隔は30㎝程度
大きさも重さも調整できるのは
自分で巻くからの利点です

重装備の友釣りに比べとにかく身軽
渓流魚用本流竿7.2mを持ち出せば
中流河川なら向岸まで届くかもしれない
アタリも
木っ端山女魚のツンツンにウグイのドン
鮎は意外とおとなしくトン程度
毛鉤と共に研究中・・・
勿論、テンカラ釣りでは無く
テンカラ竿での鮎釣り

昔は噛潰し錘なら
今はドロッパー仕掛で毛鉤釣り・・・

テンカラ竿各部名称 tenkara-rod

テンカラ竿各部名称 tenkara-rod

[caption id="attachment_15073" align="alignnone" width="3707"]テンカラ竿 tenkara-rod  name of part[/caption]

毛鉤釣りの道具といえばこれだけ
・・・釣り方と場所に応じて好みのラインに竿の調子を合わすだけ
軽く柔らかいラインには胴調子
狭いポイントを射るなら先調子
良い竿ならどちらも最後は本調子

後は自分の安全と健康を損なわない服装と装備
山と渓の知識が魚と自分を守る
山菜・茸も同じ
敬意と感謝に辨える事
これが身土不二の真意と思う

毛鉤釣りの三種の神器は
竿・釣糸・毛鉤

釣人の三種の神器は
身体・知識・経験

応じるのは
自然・渓・魚

どちらも三位一体
(三つのものが本質において一つのものであること)

以下爺の戯言 ----------------------------

竿はそこら辺の竹の中から選んで火を入れて
運が良ければ天然唐松の枝
道糸は馬の尾かナイロン、鈎素も同じ
後は時代の流れで軽く簡便になっただけの事
それで昔より釣れるのかと思い返せば
道具立てよりは魚の機嫌と思う

My thoughts

I think that it is tenkara and preferences of each individual

tenkara is not a thing of only one person
and
tenkara’s tradition is not only from one person

It is not also mean only one person of wisdom is better

If my understand and explain for my benefit,
there will be more mistakes

Tradition is not to do in order to benefit

Currently in Japan tenkara’s introduction
seems to be spreading knowledge gained from one book

There may not be mistakes,
but that is not necessarily the most correct

I dislike unfair information than mistake

Home > 2017年09月28日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top