fc2ブログ

Home > 2017年11月05日

2017年11月05日

英国製フライフック

英国製フライフック
PARTRIDGE SEALEY  SPRITE ・・・・・

ハンドメイドだからこそか、同じ種類でもサイズ感が違ったり
日本製に比べて品質管理が上手く行っているとは思えないけれど
トラディショナルフライにはこれが無いと締まらない
INSPECTED BY
HELENさんの数がダントツで次にNICKYさん
MARYさん・LISAさん・CLAIRさん・EDNAさん・JOYCEさんJUDYさんCAROLEさん
顔も知らない検査員さんに
悪態を衝くことも沢山ありましたがそれも今は昔
何時の間にやら誰が検査したかも判らなくなり
廃盤につぐ廃盤に取り扱い中止・・・
ドライフライ用のアップアイフック(メイフライフック)や
ウェットフライの定番J1AやG3Aには関心が高いけれど
その陰にパーフェクト・ベンドのCS1/CS2 ・・・シーリーSF1
地域的なものかウェールズ方面のトラディショナルパターンに多い気がする
指定サイズがCS1~3 サイズ感は想像するしかないけれど
自分の中ではソフトハックルフライに出番が多い
廃盤後キャプテンハミルトンインターナショナルM/Wで復活
・・・これはCS7
L2Aも同じくキャプテンハミルトンバージョンで有りました
結局それも廃盤
代わりにスプライトフックのインターナショナル
・・・各サイズが大幅にパートリッジフックと違う

[caption id="attachment_17349" align="alignnone" width="800"]DSCF5424 キャプテンハミルトンインターナショナルM/W[/caption]

パーフェクトベンドのTMC111 オープンポイント・ショートシャンク
用途は同じ様でもポイントが出しゃばり爪先立ちのプロポーション
不満は有ってもそれでもまだ同じ様な鈎形状

代りが無いので有るだけ買い込んだ
ウェットフライフックで一番好きな SF11

[caption id="attachment_17375" align="alignnone" width="800"]DSCF5428 シーリー SF11 ウェットフライフック[/caption]

スプロートフックでちょっとロングシャンク
・・・今様のワイドゲイプに比べればの話
似ているTMC700に比べればミドルウェイト丸軸で角のとれた鈎形状
(TMC700に10以下のサイズが有ればと思う)
これがフェザーウィングでもソフトハックルでも毛鉤が引き立つ
実釣でも細軸で鈎掛かりが早い今風の鈎形状とは
口切れも無く掛かった後の保持力が違う

使っている物が何時の間にやら古めかしい物ばかり
買った当時は現行品

[caption id="attachment_17415" align="alignnone" width="800"]DSCF5430 英国製フライフック PARTRIDGE SEALEY  SPRITE[/caption]

今となれば宝の山(宝の持ち腐れ?)
在庫を持ち過ぎて今の釣具屋さんの状況も知らず浦島太郎状態・・・
釣りが趣味のはずでも無い物ネダリが趣味に成りそう(笑)

㎏単位でもこの程度なら自慢にもならないのが趣味の世界
ハックルだけでもタンス2棹以上の某氏なら
鈎だけでも桁違いの種類別に㎏単位
総数となると軽々10㎏単位になる
竹竿なら300本超えでExcel管理の某氏も
・・・桁違いの先達が居るのは笑うしかないです

以下爺の戯言 -----------------------------

刻印入りの古いホイットレーフライボックスに残る昔のフライ達
アップアイフックにアップライトウィングのドライフライ
オールコックスやパートリッジフックのシートラウトフライ
ブラインドアイフックにシルクガットのサモンフライ

竹竿にシルクラインで100年前と同じフライで今も同じ釣り
山から降りて犀川本流に釣り場が広がったお陰では有りますが
虹鱒・ブラウン・岩魚・山女魚・ブルックトラウトの五目釣り
一瞬では有りましたがそこにイトウにシルバーサーモンまで
・・・夢の様な釣場が広がりました

その点ではテンカラ釣りなり毛鉤釣りの毛鉤は寂しい限り
逆さ毛鉤の流行りは釣り場に合わせて当然かもしれないけれど
昔乍らの毛鉤釣りとなると逆さ毛鉤はあくまで本流用毛鉤

シンセティック全盛期でも天然素材の毛鉤は格別
先達の知恵の塊・・・
こんな事を感じるのも
昔の乙見ダム湖に虹鱒を放して釣り場にした
進駐軍の残した英式フライのお陰
鈎はパートリッジフックG3A
因果な巡り合わせ・・・

F.M. Halford  33FLY

The Floating Fly and How to Dress it

http://www.fishingmuseum.org.uk/index.html

Home > 2017年11月05日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top