fc2ブログ

Home > tenkara > 川鼠胴毛鉤 

川鼠胴毛鉤 

川鼠胴毛鉤
何か洋風感を感じる毛鉤

一般的な初見が1920年代の日光毛鉤の
ゴロ蝶毛鉤と金胡麻・銀胡麻毛鉤

蓑毛の金胡麻・銀胡麻は呼び方が違う程度の認識
普通なら斑入りとか単に胡麻の呼びならわしでも
そこに川鼠胴の組み合わせが面白い
その後
剣羽根と共に驚異的効果と喧伝したのが
沢山釣れるかだけが主目的の当時の釣雑誌
水の中で銀幕を纏い魚を引き付けるらしい
・・・余程キッチリ巻いた毛鉤(笑)
ゼンマイ胴すら同じく銀幕を纏うと紹介
・・・釣雑誌とはその程度(笑)

初期の日光は富裕層の舶来鱒釣り場

上流部で使うのが
ゴロ蝶毛鉤 #12~#10程度

下流の渓流部(清流部)で使う
それより小型の金胡麻・銀胡麻毛鉤

釣り場からもパーレット鱒用?
モール胴となればアイアンブルーダンフライ
となれば
無くてはならないスキューズ・ニンフ

ゴロ蝶毛鉤が沈ませ毛鉤なら川鼠胴毛鉤は浮かし毛鉤
FF釣法のフライの影響が強い気がする
何より2~3㎜程度の毛の長さを
仕付け糸に撚り着ける手間を考えたらフライ作り並み
使い方から考えても細身の毛鉤だろうし
一束釣り(百匹釣り)には向かない毛鉤胴としての素材

今ならループダビングでキッチリ・シッカリ
そこにリブ巻き補強なら耐久性も高くなる
金胡麻・銀胡麻の蓑毛も
今ならスペックルドバジャーなりコックデレオン

[caption id="attachment_16216" align="alignnone" width="800"]DSCF5371 川鼠胴毛鉤[/caption]

蓑毛はゴールデンスペックルドバジャー

以下爺の戯言 -----------------------------------

伝承云々に関しての笑い話

だいぶ昔にはなるけれど信濃町は野尻での話
北信濃一帯での名物料理「タケノコ汁」にテレビ局が初取材
今とは違いテレビに出るなんてトンデモナイ時分
本来のタケノコ汁は根曲がり竹に水煮サバ缶で味噌仕立てが定番
油の浮いた汁まで入れてタケノコの甘味と鯖の旨味を味わうもの
その時出てきた「タケノコ汁」は
スッキリ上品な鮭缶仕立て
その場では「美味しいですね」と皆で言うしかない
収録が終わってテレビ局が帰った後
「なんだこのタケノコ汁は!」で一悶着は当然の事
作った奥さんがサラリと一言
「折角のテレビ取材に安いサバ缶では恥ずかしい」

自信満々の黄緑色に輝く極上物のタケノコでも
奥さんには敵わない・・・

伝承云々をメディアが伝える事はこの程度のものかもしれない(笑)

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/104-eb2d7c3d
Listed below are links to weblogs that reference
川鼠胴毛鉤  from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > tenkara > 川鼠胴毛鉤 

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top