fc2ブログ

Home > tenkara > 小型毛鉤 Ⅲ

小型毛鉤 Ⅲ

小型毛鉤 Ⅲ

スノーラビットシューをウィングにして
視認性と浮力を確保した毛鉤
実釣して効果は確認済み

[caption id="attachment_15419" align="alignnone" width="800"]DSCF5325 小型毛鉤 Ⅲ[/caption]

勿論
毛鉤だけでポッカリ浮かぶドライフライ
では無いので予想はしていたけれど
もっと見え易い毛鉤にしてくれとのご要望・・・
いっそのこと
エルクヘヤーカディス復活とは思ったけれど
ご要望にお応えして

来期用視認性特化型小型毛鉤

鈎    TMC102Y #15
タグ   チャートリュース
ボディ  日本雉テール
ウィング カウ ボディヘヤー
ハックル グリズリー

[caption id="attachment_15422" align="alignnone" width="800"]DSCF5322 小型毛鉤 Ⅲ[/caption]

これで見えなきゃ諦めろ的な
パラシュートポスト素材の1.5倍増量
ジェル状フロータントとも相性が良いので
浮かぶし見えるはず・・・

ここで思い出すのが人様でも
同じ状況で見える色が違う事

自分はこのウィングに使った蛍光ペールイエロー
白泡の中でも水中でもハッキリ見える

仲間内でもこれではだめで
イエローが良い人
蛍光ピンクが良い人
ホットオレンジが良い人

他人様の眼を借りる訳にはいかず
確認のしようも無いのが辛い処

人間ですらこれだもの魚の眼には成れそうもない

このペールイエロー色は何故か判らないけれど
岩魚が嫌う色では無いと思う自分の経験値
タグのチャートリュース色は岩魚が好む色
岩魚によっても
ホットオレンジ好きがいて
チャートリュース好きも居る(笑)

飛んでる虫を捕まえれば一見は地味でも
予想も出来ない色に溢れている

黒色のカディスと思えばお腹の一点に赤
見惚れる程の鮮やかさ・・・

以下爺の戯言 -------------------------------------------

毛鉤釣りの面白い所はFF釣法と違って
そのステージに合ったフライに変えずに
虫の各ステージを竿先で演出する事
だからこそのシンプルなkebari

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/111-a9ad559b
Listed below are links to weblogs that reference
小型毛鉤 Ⅲ from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > tenkara > 小型毛鉤 Ⅲ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top