fc2ブログ

Home > tenkara > ヘンフェザント・ハックルフライ

ヘンフェザント・ハックルフライ

和式毛鉤にはポピュラーなヘンフェザント・ハックルフライ
ウィング使用ならフライの定番コースでも
ソフトハックルフライには見かけない不思議

和式毛鉤材料をフライで使うのも面白い
ゼンマイ胴はありきたり過ぎるので
(毛鉤そのものに成り過ぎる)
選択とパターンが限られる・・・
どれもテールを取れば毛鉤そのものですが

[caption id="attachment_14752" align="alignnone" width="800"]DSCF5293 ヘンフェザント・ハックルフライ[/caption]

これからのシーズン用となれば犀川本流
ヒゲナガも見掛けるようになったし
待ち焦がれているカゲロウも・・・
となればこのパターンでヘンフェザント・ハックルフライ

何故か効果が有るフレンチパートリッジの対抗馬

ボディ素材は山鳥テール
ご存じの通り色取り取りの使い方は楽しみ
他は日本雉のテールに山繭胴

市販のヘンフェザントだけでなく
日本雉に山鳥のハックル
どちらも松本産の貴重な狩猟鳥

日本雉テールはビロード状のダークダン
山鳥テールは
コンドルのセカンダリーと同じ位のリブが立つ
色なんて半艶で蜉蝣色そのもの
場所を選べばグラデーションまで

以下爺の戯言 --------------------------------

狙うは虹鱒なり茶色鱒をFF釣法
ちょっと此の頃複雑な思い・・・
荒川鮭釣りで見る長い餌竿の深い曲がりが目に焼き付いている
あの竿が有れば苦渋を飲んだ本流てんから釣りも可能

犀川の三川合流部で味わったテンカラ竿の不甲斐なさ

釣果以上に
長い竿の深い曲がりは憧れ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/120-cfdf1611
Listed below are links to weblogs that reference
ヘンフェザント・ハックルフライ from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > tenkara > ヘンフェザント・ハックルフライ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top