fc2ブログ

Home > tenkara > 秋山郷毛鉤 Ⅱ

秋山郷毛鉤 Ⅱ

秋山郷伝承毛鉤
バージョン 様々

ボディ  ピーコックアイ
ハックル ファーネス

[caption id="attachment_14491" align="alignnone" width="2787"]DSCF5249 秋山郷毛鉤 Ⅱ[/caption]

ボディ  土竜胴
ハックル コッキーボンディュー

[caption id="attachment_14498" align="alignnone" width="2287"]DSCF5252 秋山郷毛鉤 Ⅱ[/caption]

ボディ  ポーキュパイン
ハックル ダンバジャー

[caption id="attachment_14504" align="alignnone" width="2748"]DSCF5250 秋山郷毛鉤 Ⅱ[/caption]

ボディ  山繭胴
ハックル ゴールデンバジャー

[caption id="attachment_14508" align="alignnone" width="2347"]DSCF5254 秋山郷毛鉤 Ⅱ[/caption]

巻く勢いが強すぎて徐々にオリジナルから
離れてきたので巻き休み

烏の羽根で

[caption id="attachment_14531" align="alignnone" width="800"]DSCF5260 秋山郷毛鉤[/caption]

ボディ 烏ウィング・ハール
蓑毛  スペックルドバジャー先黒


烏毛鉤 アトラクターパターン

[caption id="attachment_14532" align="alignnone" width="800"]DSCF5265 秋山郷毛鉤[/caption]

ホットスポットパターンの有効性
チャートリュース・ホットオレンジ・ピンク・・・
そこにタグ&リブ・・・


以下爺の戯言 -------------------------------------------

妙高高原町と秋山郷
共に毛鉤釣りの教えを頂いた場所
同時期の同じ岩魚相手でも
川が違えば釣り方も毛鉤も変わる
当然のことでも
手練れは皆同じ事を言うし
農村通信網は津々浦々
・・・蛇の道は蛇?
Set a thief to catch a thief.

雑魚川向きからいつのまにやら
中津川向きになってしまう
細身に巻けば魚野川
渓の景色が目に浮かぶ
・・・・・大雨続きで太陽見るのも久しぶり

追記
アイの部分は魚の目に留まらぬよう
出来るだけ小さく etc.

伝承とは知識や技術を伝え聞いて後世に伝える事

決して独り占めにする物では無く同じ気持ちの者が
理由を含めた意思として伝えるべきことと思います
「何故が判ればそれが伝承」がその意です
小さな毛鉤でも先人の知恵が詰まっています
見過ごす事無く、猿真似で無く
・・・これが毛鉤の伝承
好きな渓に通いこめば自ずと顔見知りも増えるし
独りよがりでない知識も深まる
本も同じで個人の見解だけではつまらない
・・・これは毛鉤釣りの伝承

数あるテンカラ屋が拠り所にする
職漁師伝の本
どこも同じ本からと奇遇な話が更に重なる不思議
これも伝承の一形態?


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/122-6d7f7557
Listed below are links to weblogs that reference
秋山郷毛鉤 Ⅱ from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > tenkara > 秋山郷毛鉤 Ⅱ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top