fc2ブログ

Home > 釣り > 剣羽根

剣羽根

私見です。
西洋毛鉤のハックルは昔のファンシーも含めて翔だと思いますが、
逆さ毛鉤の蓑毛や剣羽根は足なのだと思っています。生きている印象を水の中の振動を併せアピールさせる物と思います
竿も今風のでなくエサ竿にちょうちん仕掛け、飛ばすより真下を狙う、水深にあわせ長仕掛けの時は錘も付ける、盛期のナマエサを追わないスレタ魚を狙う時にこそ毛鉤だったのが
今、良い道具に囲まれるようになって期間中毛鉤で通せるようになりました。
話を元に戻せばカゲロウの釣だけでなく、あくまでもトビケラやその他、昆虫の釣。フライの線の釣とテンカラの点の釣の違いもあるし、この頃はフライの釣に近づいてきましたけど、確かにブラックナッツパラシュートの出番が一番多いし、浮かべて水面に魚を出すのもおもしろいですけど大物は岩陰に潜んでいるのです・・・・・
そんな時に剣羽を食い波にのせとどけられたら・・・・・最高!

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/18-8625eef6
Listed below are links to weblogs that reference
剣羽根 from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > 釣り > 剣羽根

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top