fc2ブログ

Home > 釣り > 剣羽雑感

剣羽雑感

もちろん雉の風切羽なんでしょうが、                                   
雀の尾羽、パートリッジの尾羽、スターリングのウイングの反対側、
ダック、ブルージェイ等、様々な
鳥の羽の部位を試して楽しみましたが実釣であまり差が見られず、又毛鉤の仕上がりも似ている部位のため差ができませんでした。コストを考えるとフライで使わない方で間に合うためフライフィシャーのゴミ箱あさりで充分間にあってしまいます。
水面を叩いた時の跳ねがとか、水切れがとか、所詮物のない山国産。フライのおかげでこれだけマテリアルが揃う今がありがたい。
(生きているチャボの首毛を抜く事もないし)
釣り方が似てきたテンカラとフライですが点と線の違いと、いかに魚に近づくかそれとも遠くから狙うかの違いは釣法以前の違いと思います・・・
(もちろんどちらもスリリング)
時にテンカラで6,5~8m.を使い大川で遊んだ時期もありましたが魚を掛けた後の無様
(まるで綱引き)
ならリールのやり取りのほうがおもしろい。
リーダーキャストのぺんぺん釣りをテンカラキャストと名付けたフライフィシャーさん
てんからを知らなさすぎです。
毛鉤を水面に落とさず、魚を空中で掛ける事もてんからなら、楽しめますよ。
リズムに乗って渓を駆け上がる楽しみ、ライズを待つ楽しみ、
たしかに毛鉤で魚を掛ける事は共通点。
唯、どちらも背景が違いすぎ。
今は其の差を感じながら釣るのも楽しい。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/20-001dc1f6
Listed below are links to weblogs that reference
剣羽雑感 from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > 釣り > 剣羽雑感

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top