fc2ブログ

Home > 釣り > 竿の振りの応用編

竿の振りの応用編

5,3や6mの餌竿の両手振りでなく片手振りの応用です

なんの事か判らん人も、もしかすると自然にやっているかもしれません

まわし振りの事なんですが・・・それなら判る方も多いはずですよね

もうひとつ進めてバックにまったくラインを出さない方法

釣りあがる時、後ろが空いてるにもかかわらず竿が立ち気味で打ち返してませんか、その応用です

ようは、竿のためさえあればラインは飛ぶと思えば簡単

胴調子の竿であれば判りやすいですが

回し振りの竿先でかく、丸をDやZの形を竿先で竿のためをきかせながら

まるで御払いのようですが一つ々の動作を止めながらですと自然竿先に

ラインが付いて来るように(新体操のリボンと同じ)なります、背中に藪を

背負う事に抵抗がなくなれば今まで打てない場所も楽に打てるようになります

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/22-a33713c2
Listed below are links to weblogs that reference
竿の振りの応用編 from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > 釣り > 竿の振りの応用編

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top