fc2ブログ

Home > 釣り >

かんじき履いて、普段なら降りられない崖をすたすた
さすがに、雪は多いがこの時期しか(雪がしまっているから)、藪漕ぎもなければ、高巻もなく
雪崩の痕が、固まって白いガラの中や、雪のトンネルの中。見上げれば青空いいなー、最高!
真っ黒くろすけのイワナと再会。
かんじきは、今風のスノーシューじゃいけません、あれは雪原用。
上り下りには、昔ながらの輪かんじき。前固定の後ろはフリーが動きやすいようで
アルミはメンテがいらないけど、氷がくっつきすぎてじゃまくさい・・・岩にはいがいと弱いようで
籐が、一番のお気に入り。
冷えすぎて、デジカメのバッテリーは、赤信号・・・フィルムは良かったなんて昔の話。
競争で、奥へ奥へも少なくなって今は、天国。
一緒に楽しんだ、爺様どもも、石のシャッポかぶったり、病院行。
そのうち俺もと思いながら、今は楽しむ。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/36-2d8afc87
Listed below are links to weblogs that reference
from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > 釣り >

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top