fc2ブログ

Home > tenkara > 孔雀胴毛鉤 基本

孔雀胴毛鉤 基本

孔雀胴毛鉤 基本
Peacock body kebari

毛鉤といえば孔雀胴でしょうか
これ程までに一般的過ぎて却って使わない毛鉤の代表格
毛鉤でもフライでもピーッコクハールは万能?
面白いのが
手練れ程孔雀胴に対して疑問視する方が多いのも不思議な話
だいたいは魚の出方が荒くなる
前にも説明済みなので結果論として

浮かし毛鉤は

[caption id="attachment_19081" align="alignnone" width="800"]DSCF5567 孔雀胴 浮かし毛鉤[/caption]

ピーッコクアイに補強で銅線をリブ毎に入れています
ソラックス部分はピーッコクソードで蓑毛を抑えます
青緑色で青が輝く物を選びます
蓑毛も渓に合わせ様々です・・・取り敢えず3種

沈ませ毛鉤は

[caption id="attachment_19082" align="alignnone" width="800"]DSCF5569 孔雀胴 沈ませ毛鉤[/caption]

沈ませる場合は銅色に光る物が良いと
今は石のシャッポを被った爺様達に言われておりました
フライに嵌って英国本を見ていると書かれていたのが
銅色に輝くピーコックハールの記述・・・(笑)

孔雀胴毛鉤の基本です

Principat d’Andorra fishing trip用に巻いております

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tencara.blog56.fc2.com/tb.php/69-ec54bd2d
Listed below are links to weblogs that reference
孔雀胴毛鉤 基本 from てんから伝 剣羽根毛鉤

Home > tenkara > 孔雀胴毛鉤 基本

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top